野球用品専門店 ベースボールK
トップページ少年野球の練習方法(守備)外野フライの捕り方
【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム
球速10キロアップを保証!活躍プロ選手も行う安全な高速投球アップ法
base-ball.jp

少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

身長を伸ばす方法
あきらめないで背は伸びる!+5cmの身長アップ
teishincho.net

少年野球の練習方法(守備)

少年野球において、外野フライを捕るのが苦手な選手も多いと思います。試合中も外野フライが飛んで来て、「バンザーイ!」をしてしまう選手を見かけます。外野手のエラーは目立ちます。内野の場合は、外野がバックアップに走りますが、外野手がボールを後ろに逸らしてしまうと、バックアップをしてくれる人がいません。自分でフェンスまで走ることになります。観客席で観戦しているお父さん、お母さんにとっても、こんあ光景は見たくないものです。外野フライは練習をすれば必ず捕れるようになります。取れるように指導したあげましょう。外野フライを捕るようになるには、ボールが落ちてくる落下点に早く入ることが大事です。外野フライの捕れない選手の多くは、落下点に入るのが遅いです。まずは、落下点に早く入れるように、スタートを切る練習とフットワークを鍛えましょう。

まず、スタートとフットワークの練習です。「前進」「左右」「バック」とスタートを切る練習をします。選手を構えさせ、お父さんの声に合わせてスタートを切らせます。右に動くのであれば、右足を軸に左足からスタートを切ります。逆に左側に動くのであれば、左足を軸に右足から踏み出します。そして前進は素早く低い姿勢で突っ込まるように練習します。そして、バックのフライ、大切なのは足を揃えないことです。「大きなフライが来た」と思ったら身体をターンし、半身になってボールを追います。どの動きもスタートを素早く切ったら、早くトップスピードにのせるようにフットワークの練習をします。このスタートの練習をボールなしで何度も行なってください。構えの位置、落下点の位置を決めておき、指導者の掛け声と共にスタートし、ボールを追いかける動作を繰り返し練習しましょう。

スタートが素早く切れるようになったら、実際にボールを手など投げてもらって簡単なフライから練習しましょう。定位置のフライ、左右、前進、バックと色々なフライを捕る練習をします。ポイントは、ボールを真下に見なくてはならないような落下点に入いらないことです。ボールが落ちてきた時に一歩前に出て捕球できる位置に素早く入ることがフライを上手に捕るコツです。

捕球する位置はクラブ側の肩の延長線上、つまりに右投げなら左肩の前にクラブを差し出して捕るようにします。顔の前だとボールを見失いがちになります。特に少年野球の低学年の場合はボールが顔に迫って来る為に、つい目をつぶったり、顔をそむけたりしてボールを落しがちになります。また、フライの捕球時に両足を揃えてしまうと、ボールが風に流されたような場合に足がついていきませんので、両足を揃えないようにします。そこで、右投げでしたら左足を1歩前に出すか右足を1歩引いてボールを捕ります。これは次に送球動作にも移りやすく捕球後に後ろの右足を送球方向に直角に向けてステップできるからです。
少年野球ルール・審判・スコアの付け方
少年野球の練習試合で審判を頼まれても、間違いやすい野球ルールもOK!
rakuten.co.jp
ベスト・ピッチング!プログラム
球速アップ、カーブのキレが増す方法とは?
lifis.co.jp

野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp
スポンサードリンク
注意事項
このブログは個人運営のブログです。少年野球関連ルール等に関しての内容は、野球団体等の公式ページでご確認ください。また、スパムコメントが多いため、コメントの書き込みを暫く中止いたします。
ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログランキング
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング
  • seo