野球用品専門店 ベースボールK
トップページ少年野球の指導方法イチロー父から学ぶ少年野球
【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム
球速10キロアップを保証!活躍プロ選手も行う安全な高速投球アップ法
base-ball.jp

少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

身長を伸ばす方法
あきらめないで背は伸びる!+5cmの身長アップ
teishincho.net

少年野球の指導方法

少年野球の選手達の憧れのイチロー選手。イチロー選手は少年時代にお父さんと毎日バッティングセンターに通っていたことは有名な話です。でも、それはイチロー選手が名プレーヤーになった1つの要因でしかないようです。

イチロー選手が小学校2年生のときに、「野球がしたい!」とお父さんに言ったそうです。お父さんは「お父さんと毎日一緒に練習ができるか?約束ができるのなら野球をやってもいいよ!」と答えたそうです。

驚くことに、イチロー選手はそれから小学校を卒業するまでの4年間、本当に1日も欠かさずに練習を繰り返したそうです。

練習方法は、軽いキャッチボールから始まって50球の投球練習、200球のティーバッティング、内野ノック、外野ノックを50球ずつこなすというものでした。

その毎日続けた練習について、イチロー選手のお父さんは、「野球を教えるというより、目的を持って遊んでいたという感じだった」と語っています。

また、お父さんも「急な仕事が入ったから・・」とか、「おまえ達のために仕事をしているのだから・・」など大人の言い訳を一切せずに、イチロー選手と毎日欠かさずに練習をするという約束を見事に果しました。

イチロー選手のお父さんが語る、
「毎日練習をする」
「約束を守り、子どもと対等に接する」
という言葉や行動が、
天才プレーヤーイチロー選手をつくりあげたのかもしれません。

「目的を持ってコツコツ毎日続けることを教える」
「その環境を作ってあげること」

これこそが、少年野球の上達のための指導のポイントだと思いますし、それが子どもの成長に繋がるのだと思います。子どもはお金では買えない財産を、野球を通して掴むのだと思います。
少年野球ルール・審判・スコアの付け方
少年野球の練習試合で審判を頼まれても、間違いやすい野球ルールもOK!
rakuten.co.jp
ベスト・ピッチング!プログラム
球速アップ、カーブのキレが増す方法とは?
lifis.co.jp

野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp
スポンサードリンク
注意事項
このブログは個人運営のブログです。少年野球関連ルール等に関しての内容は、野球団体等の公式ページでご確認ください。また、スパムコメントが多いため、コメントの書き込みを暫く中止いたします。
ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログランキング
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング
  • seo