野球用品専門店 ベースボールK
トップページ>>ゴロを上手に捕球しよう!
【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム
球速10キロアップを保証!活躍プロ選手も行う安全な高速投球アップ法
base-ball.jp

少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

身長を伸ばす方法
あきらめないで背は伸びる!+5cmの身長アップ
teishincho.net

少年野球の守備で一番多いのがゴロの捕球です。そして、野球の守備の基本でもあるゴロを取る練習をしよう。

少年野球をはじめた子供も数年やっている子供も、ゴロを捕球する基本を繰り返し練習しましょう。守備が上達する一番よい方法です。

指導の仕方として、簡単なゴロを出してあげます。はじめは手でゆるいゴロを出してあげます。そして、キチンとしたフットワーク、捕球姿勢、ステップ、送球ができているのか確認をします。

それができるようになったら、軽いゴロをノックしてあげましょう。いきなり強いゴロのノックをするような指導方法は避けます。それでは、キチンとしたフットワークや捕球姿勢を覚えられないからです。

ゴロを捕り方の基本です。まず、ゴロが飛んで来たら、一歩前に出ることです。その時前に出すのは右足です。(右利きの選手の場合)そこで打球の速さを確認し、早いゴロであればその場で腰を落として待ち、ゆるいゴロであればさらに前にダッシュして行きます。

ゴロが最も捕球しやすいのはバウンドの直後です。イレギュラーしたとしても変化が小さくクラブも出しやすいからです。ゴロはバウンド直後の地面に近い位置で捕るようにしましょう。少年野球の選手たちは、フットワークを使ってゴロの一番取りやすい位置へ移動するのが苦手な子が多いです。繰り返しゆるいゴロで練習させます。

ボールを捕球するときは、左足(右利きの選手の場合)を前に出し、その内側にクラブを差し出します。その時、クラブに入るまでボールをよく見て手の平で捕る感覚でしっかりと握り、クラブを下から上へと引き上げます。その後、一連の動作で送球に入ります。

ゴロの捕球の正しい基本姿勢を身につける練習として、ゴロを軽く転がしてもらい、体の中心で捕球し、(中心とは右効きの選手の場合左足の内側)すばやくスローイングの体勢に持っていく練習をしてみましょう。

捕球後スローイングまでの動作をいかに素早く行うかで、内野安打をアウトにすることができます。いつも、ランナーがいることを想定して練習をさせるようにしましょう。少年野球の上達のポイントです。
少年野球ルール・審判・スコアの付け方
少年野球の練習試合で審判を頼まれても、間違いやすい野球ルールもOK!
rakuten.co.jp
ベスト・ピッチング!プログラム
球速アップ、カーブのキレが増す方法とは?
lifis.co.jp

野球用品ベースボールタウン
野球打撃練習用品やまとめ買い多数野球練習球など多彩な品揃え
rakuten.co.jp
スポンサードリンク
注意事項
このブログは個人運営のブログです。少年野球関連ルール等に関しての内容は、野球団体等の公式ページでご確認ください。また、スパムコメントが多いため、コメントの書き込みを暫く中止いたします。
ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログランキング
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング
  • seo