野球用品 ベースボールパーク
【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム
球速10キロアップを保証!活躍プロ選手も行う安全な高速投球アップ法
base-ball.jp

少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

身長を伸ばす方法
あきらめないで背は伸びる!+5cmの身長アップ
teishincho.net

少年野球の指導方法

キャッチボールの基本が身につき、肘の使い方をはじめ体の使い方がマスターできたら、ピッチング練習を始めても良いかも知れません。まずはしっかりと「立つ」ことを指導しましょう。

大リーグのピッチャーは少年野球の時期に「立つ」練習を繰り返しする言われています。ピッチングはしっかりと立つことから始まります。しかっりと立つための練習方法を紹介します。子供はすぐにボールを投げたがりますが、ここでしっかりと基本を身につけた方が上達の近道です。まずは「立つ」練習です。セットポジションの方が立つ感覚が身に付けられます。まず軸足の裏全体で地面にしかっりと付けます。足の裏から地球の中心に根が生えているイメージをつくり、しっかりと立ちます。次にステップする足を上げて、軸足1本でバランスよくしかっりと立ちます。ステップした足を上げた時に次の点を確認します。

・軸足の膝が折れないこと
・軸足のかかとやつま先に重心が偏らないように足の裏全体に体重をかかっていること
・足を上げた際に頭が動かないこと
を確認します。

しっかりバランスよく立つことができるようになったら足を下ろします。これを繰り替えし上手く立てるようになるまで行ないます。また、少年野球ではステップする足を上げた際に、二塁方向に倒れてしまう場合が多いようです。そこを注意して練習します。地味な練習ですが、これをマスターすると物凄いピッチャーになりますよ!エースへの第一歩です。

少年野球の選手の多くはピッチャーに憧れています。「どのポジションがいい?」と聞くと、「ピッチャー!」と答えが返ってきます。そして、すぐにピッチング練習をしたがります。でも、本格的な投球練習はキャッチボールの基本が身に付き、肘の使い方、腕の振り方、体重移動など体の正しい使い方が身についてから始めることをススメます。そして、指導者としてピッチング練習を始める前にチェックしておきたいことがあります。ボールを投げる際、腕をテイクバックしたときの肘の位置です。ホームベースとセカンドベースを結んだ直線をイメージしてください。そしてボールを投げようとして、テイクバックした際に左の肩、右の肩、利き腕の肘が直線上にあり、同じ高さになるようなテイクバックが出来ているかどうかを確認します。テイクバックの位置がずれているのにピッチング練習を開始すると故障の原因になります。バッターであれば、テイクバックの間違いは修正が効きます。テイクバックの位置を間違えからと言って直接故障に繋がることもないと思います。しかし、ピッチャーがテイクバックの位置を間違えると、無理な腕の使い方をしないと思ったところへボールが投げられません。それが、故障の原因になります。それに無理な投げ方をすれば、当然早いボールも投げられませんですしコントロールも付きません。まずは正しい投げ方を覚えるべきです。OKであれば、ピッチング練習の開始です。
2007年の東京六大学野球春季リーグ戦が4月14日に開幕しました。その開幕戦となった東大−早大の注目は、なんといっても早大、斎藤佑樹投手の初登板。テレビ、ニュ−ス等でも大きく取り上げられたこの一戦。東大 0−8 早大(早大1勝)。早大 斎藤佑樹が初先発初勝利です。今年は絶対に少年野球をやっている息子と神宮球場へ応援しに行きます。でも大学野球は投手起用が良く分からなくて・・。斉藤投手がいつ投げるのか?感でいくしかないのか?

さて、その斉藤投手、去年甲子園で大活躍しました。そのとき少年野球のピッチャーの中には斉藤投手のフォームを真似た選手を何人かみました。完成度が高いフォームの斉藤投手、でも少年野球のピッチャーとして真似て欲しい部分とほしくない部分があります。先に真似て欲しくない部分、それは、立つ際に軸足が曲がっていること。野球の基本としては、軸足は伸ばして真っすぐに立つことです。野球を始めたばかりの子供へは、その点をキチンと指導した方が良いと思うのが私の意見です。次に真似て欲しい部分。それは投手板(ピッチャーズプレート)の使い方です。少年野球の投手の場合、ワインドアップもしくはノーワインドアップで投げるときに軸足が一瞬プレートから離れる選手が多い。投手板に足を置き、立つときに踏み込みますが、その時に完全に投手板から足が浮きます。それはボークです。少年野球でも低学年の内は判定があまいですが、高学年になるとボークをとられることも多いです。斉藤投手の投手板の使い方を注意して見ていると、プレートの上を滑るように使っています。あの使い方だと、ボークを防げるのはもちろん、身体のブレが小さくなりますので、コントロールが良くなると思います。うちの子供も斉藤投手のプレートの使い方を真似ています。
子供が少年野球を始めると「お父さん、野球教えて!」という場面が来ます。守備練習などをする際にノックをして指導してあげる場面もあるかと思います。そんな時、「お父さん野球経験がないから・・」などと言ってはいられません。子供がやる気を出しているときに練習相手になってあげたいところです。今回は上手なノックのコツを教えます。

まず始めに「ノックなんて出来ない!」とは考えないでください。小学生の少年野球の守備練習に必要なノックであれば、野球経験がなくても少し練習すれば出来るようになると思います。それに通常のバッティングとノックは違います。野球経験があってバッティングが上手だからといってノックが上手いとも限りません。経験がなくとも、少しノックの練習を重ねれば守備練習に必要なゴロやフライが打てるようになります。

ノックには右手でボールを上げる方法と左手でボールを上げる方法があります。(右ノッカーの場合)左手でボールを上げた方がコントロールを付けやすく、右手で上げたほうが強い打球を打てるといいます。ボールの上げ方は、自分が打ちやすいポイントから10〜15cm上の上げるのが目安です。ゴロを転がすときは前足に重心を掛けて、バットを上から下にやや斜めに振る感覚で打ちます。フライを打ちたい場合は、後ろ足に体重を残したまま、下からボールをすくいあげるように打ちます。外野フライの場合はしかっりと腰を入れて打つのがコツです。

練習目的ににもよりますが、少年野球の場合、難しい打球よりも、基本的な打球を正しい形で捕れるように繰り返し練習するのが上達のコツです。親子二人で行なう練習であれば基本のゴロやフライを数多く打ってあげましょう。
少年野球の試合負けてしまう要因がファーボールやエラーの多さであることよくあります。今回はそのファーボールについて話です。

少年野球の場合は、ストライクが入っていればピッチャーが大きく崩れることはあまりありません。ストライクを先行させていけば、バッティングの方もそんなに連打はできません。

でも、そのコントロールを良くするのはなかなか難しいところ。コントロールを良くする指導のポイントを挙げます。

(1)キャッチャーミットをしかっりと見る

まず、コントロールを良くしたいのであれば、しっかりと投げたいところを見ることです。目標物を見ることで、無意識のレベルで「どのくらいの力、どこでボールを離すか?」頭の中で計算をしてくれます。

(2)正しい腕も振り、正しい体の使い方をする。
内角を狙えばボールは内角に行きます。外角を狙えボールは外角に行きます。ボールに意識あって、内角に投げたボールが外角に行くことはありません。内角に投げたつもりが外角に行くということは、外角に行ってしまう腕の振りや体の使い方をしているということです。正しいピッチングフォームを身に付く指導を心掛けます。

(3)力まずに8分の力で投げる
力の入れ過ぎもコントロールを悪くします。思いっきり投げようとすれば一箇所に力が入ってしまってフォームのバランスを崩します。その結果、思ったところにボールが行きません。8部くらいの力で力まずに投げることを心掛けましょう。

(4)リリースポイントを一定にさせる。
ボールが高く行ったり、低く行ったり、内角に行ったり、外角に行ったりするのはリリースポイントが一定していないからです。だからと言ってリリースポイントを意識し過ぎるとピッチングフォームのバランスが崩れます。連動した投球フォームの中で一定のリリースができるように繰り返し練習しましょう。
先週の土曜日、近郊の少年野球チームと練習試合をしました。そのチームは試合巧者で有名な強豪です。中心打者でもバントを決め、巧みな攻撃を仕掛けて来ます。

バントをピッチャー、キャッチャー、三塁手の間に上手く転がして、スクイズ、送りバント、内野安打を決めます。我がチームはかき回され得点を取られ負けたしまいました。少年野球においてバントは重要です。

バトンの指導のポイントを書きます。

バントの構えは、上半身をピッチャーに向けてバットを目の高さまで上げます。この時、バットの先端をストライクゾーンの高めいっぱいに置くように指導します。

少年野球では、これができていない選手が目に付きます。バントの出来ない選手の多くは、ストライクゾーンどころかバッターボックスの自分の体の前にバットを構えます。

これではストライクゾーンに来たボールを正確にバントはできません。結局、ちょこんとバットだけを出す形になり、ボールを上げて失敗します。

そして次に指導したい点は、バッターボックスのピッチャー寄りに立つことです。ここでバントすれば打球はフェアゾーンに転がる可能性が高くなります。

そして指導のポイントをもう1つ、肘を締めてバントすることです。これも少年野球の選手に多いのでが肘が空いてしまいます。バッティングと同じく脇が空いているとキチンとしたバントはできません。

右手でバットの芯の近くを持ち(右打者の場合)、左手でバットのグリップを持ち握ります。右手は親指を上にして他の指でバットを支えます。この時に手首、肩、肘の力を抜いてリラックスした構えをするように指導します。

練習方法として、ただバットするだけでなく、的を置いてそこへ転がす練習を繰り返ししましょう。
少年野球の子供達は皆、
「野球が上手くなりてーー」と思ってます。

年の初め、うちの子供へ来る年賀状などを見ると、
「今年は優勝しようぜ!」と皆な書いています。

少年野球の試合の前になると、「練習しようぜ!」と学校の校庭や公園などに集合しています。試合で負けたりしても、「練習しようぜ!」と集まります。皆な「勝ちたい!」「野球が上手くなりたい!」と思って前向きです。

でも、集合して練習している風景を覗きに行くと「野球ごっこ」になっています。守備練習になるノックなんて小学生には打てません。バッティング練習になるボールだって投げれません。ピッチャーが投げればファーボールの連続です。

そのうちに「試合やろうぜ!」というリーダの合図のもと、「野球ごっこ」が始まります。

少年野球が上達する練習方法は、イージーなゴロを正しいフォームで捕る練習だったり、ティーバッティングでスイングを固めたりするような練習で基本を身に付けることなのです。

だから大人がコーチ役になって、基本が身に付く練習をさせてあげることが大切です。特に野球経験者でなくても、手でゴロを出し送球を受けてあげる。ティーバッティングのボールを出してあげる。誰でもできることです。

指導者として、少年野球の子供達へ練習の場を作ってあげることをどんどん増やしてやりたいといつも思っています。

でも、仕事が忙しかったりするんだよなーー。
後は時間の工夫次第・・。

子供の夢の舞台のために頑張っています。

親子マンツーマンで行なう少年野球の練習方法をご紹介します。
前回お話したように毎日練習してください。特に始めの3ヶ月は毎日徹底的に行ないます。3ヶ月行なうと不思議と体が毎日練習することを覚えます。毎日練習することが身に付いたら、週に1回休みの日とつくってあげても良いかと思います。

それから少年野球に挑戦するにあたって注意事項です。小学生はまだまだ体ができていません。無理な負荷を与えるような練習は絶対にしないことです。肘や肩をはじめ体を痛める原因になります。もしどこか痛がったらすぐに練習を止めてください。無理して少年野球が嫌いになっては意味がありません。あくまでも無理の無い基本練習を毎日続けるのが少年野球上達のポイントです。

時間は朝がいいと思いますが、ご家庭事情があると思いますのでそれぞれ決めてください。練習時間は30分〜1時間程度が良いと思います。

さて、実際の少年野球へ挑戦のための練習メニューです。
まずは入門時のメニューです。

【基本練習メニュー】
準備運動(ストレッチ)5分
ランニング 5分
キャッチボール 10分
ゴロを捕る練習 10分
素振りとティーバッティング 10分
整備運動(ストレッチ) 5分

あくまでも参考メニューです。
基本的には上の内容がおススメですが、各人アレンジしてください。

また準備運動、整備運動のストレッチですが、かならず行なってください。内容まではここでは書きませんが、このあたりも少年野球関連の書籍等を参考にしてください。

子供はこのストレッチなどを面倒くさがりますが、しっかりとやらせるようにします。ここを怠ると怪我の原因にもなります。

準備のストレッチが終わったらランニングです。少年野球の体力づくりにはランニングが一番です。はじめはゆっくりでもよいので5分か走れるように指導してください。

ポイントはお父さんも一緒に走ってあげることです。お父さんも一緒に少年野球に挑戦しましょう。公園などの野球道具を持って行き、道具をおいらたその周辺をぐるぐるとランニングすると良いでしょう。

次がキャッチボールです。キャッチボールは野球の基本であり、もちろん少年野球でもっとも重要です。特に重要なのが投げ方で変なクセをつけない様に指導してあげてください。間違った投げ方をしていたら、ボールを投げるのを止めてシャドウ(ボールを持たずにフォームを修正する)で正しい投げ方を身に付けさせるようにします。

投げ方を正しく覚えないと、その土台の上に技術がのりません。少年野球の上達を考えるのであれば、はじめに重点的に正しい投げ方を身に付けさせる指導を心掛けてください。

あせらずに時間を掛けて正しい投げ方を覚えさせる指導や練習方法が、少年野球上達の早道であったりします。

少年野球の試合で一番多いのが内野ゴロです。まずは基本として内野ゴロを捕ってファーストでアウトにすることから指導すると良いと思います。もちろんファースト、セカンド、サード、ショート、キャッチャーと各ポジションごとのノウハウを習得する必要もあります。でも、まずはゴロを捕ってファーストでアウトにするところからです。


ゴロの捕り方自体の指導は、このサイトの少年野球の指導書や少年野球教室のDVDなどを参考にしてください。


さて内野手の守備練習の指導の話に戻ります。練習方法として、止まっているボールを捕りファーストに投げます。その後、手でイージーなゴロを出し正しいステップでボールを捕り、正しいステップでファーストに投げる練習をします。これを繰り返し行ないます。


少年野球の試合でゴロを捕れない、捕ってもファーストでアウトに出来ないと勝てません。その基本が見につけるために止まっているボール、手で出したイージーなボールをきっちり処理できるように徹底的に指導してください。


特に注意して欲しいのはステップです。ボールを捕る位置、捕った直後のファーストに投げるためのステップが出来ているかチャックしてあげてください。少年野球で結構このステップを疎かにしているプレーヤーを見かけます。


ステップは大きく踏み込んで、送球方向に向けて軸足(右投げであれば右足)が直角になっているかチャックし指導をしてあげます。送球方向のラインと軸足の向きが直角になるのが正しいステップです。


正確に送球動作ができない、または捕球姿勢の悪い子供へはシャドウで正しい捕球体勢とステップを身につけさえるのが上達のコツです。

僕はマリナーズ・イチロー選手の大ファンです。
そして少年野球をする子供達に聞いても、
好きなプロ野球選手でイチロー選手をあげる子供が多いです。

人気の秘密は大記録を達成したところにあると思います。そしてヒットを打つ姿やスパイダーマンのような外野のスーパープレーはファンを魅了します。

でもその大記録の影には、「継続は力なり」という言葉で現される練習があります。

イチローは小学生の頃、お父さんとマンツーマンで少年野球の練習をしていました。
毎日、内野ノック、外野ノック、ピッチング、ティーバッティングをしたそうです。

そして、その後バッティングセンターに通っていました。バッティングセンターにイチローが行かない日が年に1日あったそうです。その1日とは、お正月にバッティングセンターが休みだった日だけだったそうです。

ど派手な練習よりも、こういった地道な練習の積み重ねが大きいのですよね!

うちも見習ってイチローのエキスを少年野球に入れています。毎日朝練習をやっています。大晦日、正月も朝6時に起きて練習しました。

近所の人には「イチロー親子みたい!」と言われることもあります。

その成果が出て子供は少年野球のチームのエースで中心打者になりました。地区の大会でも好成績を残しています。ど派手な練習をしたわけではないんです。野球の基本的な練習を繰り返しやっただけです。地味な練習の連続です。

お父さんどころかお母さんでもできるような内容ばかりです。

イチローが見せてくれたように、少年野球の上達のヒントは「継続は力なり」ですよ。間違いありません!

子供と一緒に毎日少しだけ練習に付き合ってあげる。そして基本的なところだけを指導してあげる。これだけで見違えように子供は上達します。
スポンサードリンク
注意事項
このブログは個人運営のブログです。少年野球関連ルール等に関しての内容は、野球団体等の公式ページでご確認ください。また、スパムコメントが多いため、コメントの書き込みを暫く中止いたします。
ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログランキング
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング
  • seo