野球用品 ベースボールパーク
【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム
球速10キロアップを保証!活躍プロ選手も行う安全な高速投球アップ法
base-ball.jp

少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

身長を伸ばす方法
あきらめないで背は伸びる!+5cmの身長アップ
teishincho.net

野球の守備のルール

ランナーへ対して偽投があるとき審判員はボークをとります。ボークは、ランナーをアウトにしたり、進塁を防いだりする為、ピッチャー、またはキャッチャーがランナーをだますプレーです。 明らかにボークの動作のときはもちろん、だます意図が感じられたときも、審判員はボークを宣告し、塁上にいるすべてのランナーへ1個の安全進塁権が与えます。カウントには数えません。 ピッチャーのボークは12項目、キャッチャーのボークは1項目あります。また、審判員からボークが宣告さ時、即ボールデッドとはなりません。プレーが続いた場合はいったん流し、プレー確定後にボールデッドとしてボークが発生した時点にさかのぼって判定します。 もし、バッターがボークの投球を打ってアウトとなったら、アウトは取り消されてボークが有効となります。また、ボークの投球をバッターが打ってヒットとなったり、四死球を選ぶなどして、ランナー全員が少なくとも1個以上の塁を進んだ場合は、ボークは取り消されます。いずれにしても、攻撃側に有利となる判定となります。

◎投手板を離れている時はピッチャーは野手と同じです。
野球のルールでは、ピッチャーは原則として、「投手板(ピッチャースプレート)に触れるとピッチャーとみなされます。」ということ。これはピッチャーと他の野手を区別するためのルールで、投手板を離れているときのピッチャーのプレーについては、野手と同じ扱いとなります。
 
◎ボークやけん制球では、投手板に触れているかどうかが判定基準になります。
投手板に触れているかどうかが問題となるのは、ボークやけん制球についての判定の際です。まず、ボークが発生するのは基本的にはピッチャーが投手板に触れているときです。 投手板を離れれば野手と同じですから、ボークとなることは一部のケースを除いてありません。また、けん制球が悪送球でボールデッドになった場合、投手板に触れて投げた送球ならランナーの安全進塁権は1つですが、投手板を外して投げた場合は2つとなります。

少年野球のピッチャーをやるのであれば、 ピッチャーに関わるルールから覚えましょう。色々と難しい内容もありますが、1つずつ覚え実践で生かせるようになりましょう。
状況によって守備位置を変えるもの戦略の一つです。守備側は九つの守備位置にそれぞれ野手を置きます。この内バッテリーは、マウンドとキャッチャーボックスにつく必要があります。それ以外の野手はフェアゾーンならどこを守っても野球のルール上は問題がありません。例えば引っ張りタイプの右打者ならば、全体的にレフト方向に寄って守ったり、バント警戒の場面では内野手が前目に守ったりすることも多くあります。極端な話、外野手が全員内野を守ってもルール違反ではありません。

外野手の守備範囲は広いため、打者や状況により守備位置を変えるのが一般的な考え方です。少年野球においてもバッターが強打者であれば、後ろ目に守り、左打者ならばライト寄りに守ったりと移動します。ランナーがいてバックホームを想定する場合は前進守備を取ります。

内野手はバント対策として、一塁者と三塁者を極端な前進守備を取らせたり、ランナー3塁の場合で一点を阻止したい場面は、内野手前進が極端な前進守備を取ったりします。野球のルール上の話に戻りますが、覚えておきたいのは野手はフェアゾーンであれば、どこを守っても構わないということです。
外野手に「故意落球」はない?

少年野球のある試合、一死一塁。バッターがセンターへ浅めのフライを打ちました。一塁ランナーはセンターがフライを捕ることを想定し、一塁と二塁の間のやや一塁よりにいました。

そうしたらセンターがこの打球をクラブにあってて目の前に落としました。そして、目の前のボールを直ぐに拾ってセカンドへ送球しました。二塁ベースに入って来たショートがボールをキャッチし一塁ランナーをアウトにし、そのまま一塁に転送、ダブルプレーを成立させました。

さて、この少年野球の試合のこの場面、攻撃側の選手が「今の故意落球だ!」と主張をしました。ルール上判定はどうなるでしょうか?

答えは、ダブルプレーが成立します。内野手の場合、簡単に捕れるはずのフライやライナーを地面に落ちる前に手やクラブにボールを触れてからわざと落とすと「故意落球」になります。しかし野球のルールでは外野手の場合は故意落球はありません。よってダブルプレーが成立します。

特に低学年に試合に多いのですが、少年野球の試合は外野フライも浅め打球が結構ありますので、こういうケースは注意が必要です。普段の走塁練習で的確な判断ができるようにルールを含めて指導しましょう。
少年野球の試合での出来事、ランナーが三塁の時にサードフライが上がりました。ランナーがベースに戻って立っていると、丁度フライがそのランナーの立っているところに落ちてきて、そこにフライを捕りに来た三塁手とぶつかりました。そして打球や三塁手のクラブからポロリと落ちてしまいました。バッターは楽々一塁セーフになりました。

この場合は守備妨害になるでしょうか?

判定は野球のルール上、この場合は守備妨害(インターフェア)にはならずに、なりゆきのままプレーが続けられます。

勿論、あきらかに守備の妨害をしたのであればルールでは守備妨害になりますが、ただベースに立っていただけでは守備妨害になりません。

守備妨害はランナーが野手の守備の際に妨害、すなわち野手と接触した場合を言います。塁上にただ立っていた場合は、守備妨害ではありません。

その他でも、二塁ランナーがサードに向かう途中に、ショットゴロが飛んで来たとします。遊撃手が捕球しようとした直前を二塁ランナーが通過したために、遊撃手はエラーをしてしまいました。野球のルールでは、その場合もランナーが野手に触れていなければ守備妨害にはなりません。
ランナーをアウトにするには2つの方法があります。「タッチプレー」と「フォースプレー」です。

タッチプレーは、ピッチャー、キャッチャー、野手がボールを持った手またはボールを掴んでいるクラブで直接ランナーに触れてアウトにする方法です。

昨年の少年野球の試合、一塁手が自分の右側に飛んで来たファーストゴロに横飛びで捕りました。ファインプレーです。でも、そのまま横になりながらベースをタッチした手がボールの入っているクラブの方ではなく、ボールを持っていない手でタッチをしてしまいました。

その間にランナーが一塁ベースを踏み判定はセーフです。

少年野球の特に低学年ですと、結構この基本的な野球のルールを知らない子供がいるので、その場合指導が必要です。

フォースプレーは、ランナーが塁に詰まっていて次の塁に進まないとならない場面で、ピッチャー、キャッチャー、野手がそのランナーが進まないとならない塁に、直接ボールを持った手、ボールを掴んでいるクラブが触れるか、ボールを保持したままその塁を踏めばアウトになります。

塁が詰まっていない場合は、走ってくるランナーにタッチプレーが必要です。
【少年野球ルールの問題】

サードへのファールラインやや外側のファウル領域にフライが上がりました。三塁手がファールラインを超えて追いかけたいったところ、打球が風の影響もあって、フェア地域に流れて戻ってきました。

三塁手はファールラインを超えたままのファール領域で、この打球にクラブを差し出し、一端クラブに当てましたが落球しました。落球したボールはファールラインのやや内側、フェア領域に落ちました。

この打球はフェア?それともファール?


【判定】

野球のルール上、三塁手がクラブに触れたボール位置で決まります。三塁手の立っている位置ではありません。クラブがボールに触れた位置がフェア領域ならファア、ファール領域ならファールです。

少年野球の選手への指導として、「野手の位置ではなく、ボールの位置で判断されるということ」を教えてあげますしょう。
ピッチャーに関する野球のルールをもう少し話します。一緒に考えてみてください。

問題です。
少年野球の試合でピッチャーが投げたあと、
バッターが身をかがめてしゃがんでしまいました。
ボールはかがんだ頭のところを通過しました。
このピッチャーが投げたボールはストライクでしょうか?


答え、
野球の試合でバッターが突然身をかがめても、
球審はストライクゾーンをバーターが打つ前に構えた形から判断します。
たとえ通過したのが頭の高さでも、本来のストライクゾーンを通過していれば
ストライクになります。

これも少年野球で結構見かける場面です。高めのぎりぎりのストライクを見送る場合、心理的にちょっとかがんでボールに見せる。大人でもやってしまいますよね。

あと、これはあまり少年野球のプレーヤにはいませんが、
かつて一人見たことがあります。曲者タイプの選手です。

確か某少年野球チームの2番バッターでしたが、
見せ掛けバントをしたり、わざとかがんでピッチャーをかく乱する戦法をとる
バッターを見たことがあります。

いい意味野球をよく勉強しているなとも思うし、
小学生の内からやりすぎにも見えました。結局ゴロを打ってアウトでした。

かく乱戦法も良いですが、少年野球球児のようにボールをしっかり待って、
どっかーんと打ってほしかった。個人の意見です。

ピッチャーに関する野球のルールを1つ話します。
まずは考えてみてください。

問題です。「少年野球の試合中、ランナーなしの場面です。ワインドアップから投球しようとしたら、ピッチャーがボールを落としました。判定はどうなるでしょうか?」


答え、ランナーがいないのでボークにはなりません。落ちたボールがファールラインを越えてしまったらボールカウントが1つ増えます。ファールラインを越える前に拾えばノーカウントです。

また、これは実際昨年の私の子供の出場した、某少年野球の試合であったことです。相手のピッチャーがランナーのいる場面でセットポジションに入ろうとした際にボールを落としてしましました。これはもちろん野球のルール上ボークです。

ピッチャープレートに足が入っていたのでボークを審判がとりました。

少年野球の試合では、私達が普段のプロ野球中継では見ないような出来事がちょこちょこと起きます。大人として、結構とっさに判定が出てこなかったりもします。

まさ、そういう珍プレー的なところも少年野球の魅力かもしれません。
守備位置少年野球ルール

野球は九つの守備位置に野手がつきます。9人の野手のうちピッチャーはマウンドに、キャッチャーはキャッチャーボックスにつく必要があります。

それ以外の野手はルール上、フェアゾーンならどこを守ってもいいことになっています。

例えば引っ張りタイプの右打者ならレフト方向によって守ったり、左の強打者の場合はライト方向によって守ったりすることも可能です。

また試合の状況で極端な前進守備(定位置より前)をとったりします。1点を防ぐためにバックホームに備える内外野の前進守備などです。バント警戒やスクイズに備えて内野手が極端に前進守備(ピッチャーの横くらい)ととったりするのは、少年野球の試合でもよくあることです。

一点を争うゲームなどでは、守備位置の取り方が勝敗を分けたりします。チームの監督やコーチにしっかりと教わりましょう。
スポンサードリンク
注意事項
このブログは個人運営のブログです。少年野球関連ルール等に関しての内容は、野球団体等の公式ページでご確認ください。また、スパムコメントが多いため、コメントの書き込みを暫く中止いたします。
ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログランキング
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング
  • seo