野球用品 ベースボールパーク
【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム
球速10キロアップを保証!活躍プロ選手も行う安全な高速投球アップ法
base-ball.jp

少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

身長を伸ばす方法
あきらめないで背は伸びる!+5cmの身長アップ
teishincho.net

野球の基本ルール

少年野球の選手にとり、覚えにくいルールの1つがインフィールドフライです。審判がインフィールドフライを宣告した時点でバッターはアウトとなります。

◎故意のダブルプレーを避けるための野球のルール
インフィールドフライは、ノーアウトまたは1アウトで、ランナーが1・2塁もしくは満塁の時に適応されます。 バッターが内野フライ(ライナーやバントの飛球を除く)を打ち、守備側が普通の守備をすれば捕れると審判員が判断したとき、インフィールドフライが宣告され、その時点でバッターはアウトとなります。内野の守備位置であれば、内野手だけでなく外野手、ピッチャー、キャッチャーが打球を捕っても同様です。
 
◎捕球されなかった場合ランナーはリタッチは必要なし
インフィールドフライは打球を守備側が落球してもバッターはアウトになり、その後のプレーとは関わりがなくなりますが、通常のフライアウト同様、ランナーにはリタッチの義務が生じます。 つまり守備側はフライを捕った場合は、通常のフライと同じように、ランナーはタッチアップしなければ次の塁へは進めません。ベースに戻る前に送球されれば、アウトになってしまいます。 しかし、結果的に捕球できなかった場合はリタッチの義務は生じません。インフィールドフライが宣告されてもボールインプレーですから、ランナーは離塁した状態から次の塁へ進んでもよいのです。 インフィールドフライの宣告後、結果的にファウル領域で守備側が捕球できなかった場合は、ファウルが優先されます。ファウルライン上にフライが上がったら、審判は「インフィールドフライ・イフ・フェア」と宣告します。

「野球のルールは何のためにあるか?」

例えば社会のルールは皆が健康で安全で楽しく暮らせるためにあります。
そして野球のルールはファアに試合を進め、成立させるためにあると言えます。

たから少年野球でも選手達は、それがルール違反になるかどうか?を考える前に、まずはそれがフェアプレイであるかどうか?試合の進行を妨げる行為でないかを考えることが必要です。

少年野球を始め、練習をしていく中で、子供達は少年野球のルールを1つずつ覚えていきます。その際には、フェアプレイというルールの考えを基本においていると、
「なぜプレイが禁止されたいるか?」
「なせアウトのなるのか?」
という理由が見えてきます。

「ルール内であれば何をしても良い」ではなく、
「ルールの中で正々堂々と戦う」とことがフェアプレイ精神です。

フェアプレイの中で精一杯野球をやり、結果が出ることが少年野球の楽しさです。

子供達も日頃の練習の中で野球の技術を身に付けると同時に、フェアプレイ精神を指導してあげるとさらに少年野球が楽しいものになっていきます。

世間では考えられない犯罪が多々起きていますが、子供の頃にこういったフェアプレイ精神を身に付けていないからですよね。
軟式少年野球のルール、ボールデットについて

少年野球の試合を行なうとき全てのチームが、プロ野球のようなきちんとした球場でプレーできるとは限りません。現実は学校の校庭、河川敷、何面かのグランドがつながりあった球場で試合をすることの方が多いと思います。

こういった場所で試合をする場合は、ボールデットに関するルールをしっかりと決めておく必要があります。

どこまでがグラウンドで、どこからがグラウンドでないのか?を決め手おかないと
転がったボールを追い続けたり、見失ったボールを捜し続けなれればなりません。
しかっりそのグラウンドのルールを決め手おきましょう。

ボールデットのルール(条件)を決め、ランナーやバッターにどう影響があるかと考え、安全進塁数の数を決めていきます。

どんな場所でも野球が出来れば、そこが少年野球の球場です。

子供達が遊びの中で三角ベースやキックベースなどのルールを決めるように、
自分の球場に合わせて軟式野球のルールを作りましょう。

思いっきり少年野球を楽しみましょう。



ルール・ボールインプレイボールデット少年野球ルール

少年野球の試合でボールインプレイとボールデットを見極めることが必要です。
自分が一塁ランナーであるときボールデットと思い込み、その場に留まってしまって進塁しないようなことがないように注意しましょう。

■ボールインプレイ
球審がプレイを宣告すればボールインプレイとなります。ボールデットの状況が起るか、審判がタイムを宣告しない限りボールインプレイの状態は続きます。

■ボールデット
ボールデットの状況が起るとプレイは止められ、ランナーが次の塁を狙うことができなくなります。アウトにもなりません。ボールデットは審判がプレイを宣告するまで続きます。

■ボールデットとなるとき
捕球できないファールボール、ボーク、デットボール、守備妨害などです。


少年野球で注意したいのは、ファアボール後です。ファアボールはボールデットではありません。ボールインプレイです。少年野球の試合(特に低学年)ファアボールで出たランナーが1塁を蹴ってそのまま1塁まで行ってしまう試合をよく見かけます。

ファアボールを出したからといって気を緩めずに、
ランナーを簡単に進塁させないようにしましょう。

ストライクゾーン少年野球ルール

ストライクゾーンは肩からベルトの中間点を上限、膝下を下限としたホームベース上の空間を指します。ピッチャーが投球しボールがその空間を通過した場合がストライク、それ以外はボールとされます。ただし、ストライクゾーンを通過したいないボールでもファールまたは空振りになったときはストライクです。

ストライクゾーンの左右については、ボールが少しでもストライクゾーンをかすればストライクと宣告されます。だれもが知っておかなくてはならない野球ルールの基本中の基本です。

(ホームベースの幅は43.2センチメートルで硬式ボールを6個並べた幅になります。)

少年野球の場合のストライクゾーンですが、(個人的見解ですが)プレーヤ達が小学生の為ストライクゾーンの高低の幅が狭いこと、ピッチャーの制球力が低いこと、そして審判もアマチュア(主にお父さん達)が行なっていますので、ストライクゾーンの見解が試合によりことなる場合があります。

特に高めはストライクを甘くとる傾向があるように感じています。
少年野球の試合などでは審判の持つストライクゾーンの癖を早く見抜きましょう。

またバッターとしては、2ストライクまでは甘いボールや狙い、際どいボールに手を出さないこと。2ストライク取られたら気惑いコースには必ず手を出すこと。
少年野球のバッターはこの意識を持つことが大切です。
少年野球ルール(アウト)

内野ゴロ、フライ、三振などがバッターのアウトになります。
バッターがゴロを打ち、野手の一塁送球より一塁に着くのが遅れると
アウトになります。

また打球をノーバウンドで捕球されるとアウトになります。

また2ストライク後、ピッチャーが一人のバッターに対して三つ目のストライクを
投げてキャッチーがボールを落とさずに捕球すれば三振でアウトになります。

また2ストライク後、空振りしたボールがバッターの体に触れた場合は、
デットボールではなくアウトになります。
ルールの中で聞きなれないけど、時折出てくるものに「インフィールドフライ」があります。野球を知っている方であれば分かっていると思いますが、あまり野球は知らないけれど子供が少年野球を始めたのでルールの勉強中という方は是非覚えてください。

『インフィールドフライ』

一塁を含む塁上にランナーがいる場面で、内野にフライが上がったとき、野手がこのボーを落とすと、一塁ランナーは二塁へ進塁しないといけなくなり、簡単にダブルプレーになります。

これを防ぐために審判は、このような場合にインフィールドフライを宣告します。野手がフライを捕らなくとも打者はアウトになります。すなわちダブルプレーになる危険がなくなります。

一塁にランナーがいるノーアウトでフライが上がった場面、このときに内野手が普通に守備をすれば捕れると審判が判断するとインフィールドフライを宣告し、この時点でバッターはアウトになります。インフィールドフライは審判が判断して決めるものです。

ただし、ファールになればインフィールドフライは取り消され、単なるファールになります。

少年野球の子供達には、ちょっと理解しづらいルールですが、プロ野球中継のインフィールドフライの場面などで説明し指導してあげましょう。
スポンサードリンク
注意事項
このブログは個人運営のブログです。少年野球関連ルール等に関しての内容は、野球団体等の公式ページでご確認ください。また、スパムコメントが多いため、コメントの書き込みを暫く中止いたします。
ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログランキング
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング
  • seo