野球用品 ベースボールパーク
【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム
球速10キロアップを保証!活躍プロ選手も行う安全な高速投球アップ法
base-ball.jp

少年野球でヒットを量産
野球素人のお父さんでも1日7分あることを指導しただけで
base-ball-1.com

身長を伸ばす方法
あきらめないで背は伸びる!+5cmの身長アップ
teishincho.net

少年野球の練習方法(攻撃)

ベースランニングは、攻撃において大きな武器となります。良い走塁はヒットと同じ価値があります。

時には1つの好走塁が試合の流れを変え、勝利を呼び込むことすらあります。ベースランニングでは、足が速いことが大事ですが、ただ速いだけでは上手くいきません。

スタート、走力、スライディングの3つの条件が必要です。速いだけでなく上手な走塁ができるように日々練習をしましょう。野球はケースにより、色々な走り方があります。

打者の時には、バットスイングを完了すると同時にスタートし、走者になった時は横向きの姿勢からスタートします。また、タッチアップのスタートもあります。

陸上の短距離選手のように足を高くあげて直線を全力疾走するのとは違います。状況によっては、急ブレーキを掛けたり、戻ったり、ベースを踏んで次の塁に向かって曲がったりしますので、走る際に姿勢を低くしたピッチ走法が向いています。

また、どんなケースでもエンジンを全開にできる反射神経も必要です。走者になったときは、アウトカウント、イニング、点差、打球の方向、前の塁の走者のことをはじめ、相手チームの守備力や肩の強さなど全てを瞬間的に判断しての走塁が必要です。

スタートから、

・打球や送球がどうなっているのか?
・どんなコースで走るのか?
・スライディングは必要か?

と色々な感を働かせながら走塁することが大切です。練習方法としてはベースランニングなどで基本を身に付け、日頃の練習の中で実打球を見て、打球判断し、走塁する機会を増やします。指導のポイントは走塁ライン、踏むベースの位置、スライディングの仕方など教えてあげます。

バッティング練習などに比べたら、どちらかというと地味な練習ですが、走塁は大切。時間を作って練習に取り組みましょう。まずは、ベースランニングから

少年野球の子供達のバッティングフォームについての話です。少年野球の選手達のバッティングを見ていると、プロ野球の選手の影響を強く受けている子供を見かけます。打席に入るときに、投手に左手で「ちょっと待て!」のポーズをとり、地面をスパイクでならしてから構えます。プロ野球選手になりきっている感じです。実際の打撃では、バットを長く持ち、思いっきりスイングをしています。ピッチャーの投げたボールがキャッチャーのミットに届いてから振っている光景を見かけます。スタイルは一流で、実際にはバットを振るだけです。これでは、バッティングとは言えません。バッティングで一番大切なのは、投手が投げるボールをバットの芯でジャストミートすることです。野手の守備位置のことを考えてください。統計的にジャストミートしない打球は正規の守備位置に飛んでいくようになっています。ジャストミートした打球はヒットゾーンに飛んでいくようになっているのが野球というスポーツです。ジャストミートすると基本的にセンター前に強いライナーがきれいな弾道を描いて飛んでいきます。また、ジャストミートは調子の良い証拠です。少年野球の選手は、プロ野球選手のバッティングのスタイルのみをまねるのでなく、ジャストミートするバッティングを見習ってください。自分に合ったジャストミートできる打法を見つけてください。
少年野球はバットが振れる選手と振れない選手にはっきりと分かれる気がします。試合でヒットが期待できる選手と出来ない選手に分かれます。

打てる選手は甘いコースに来れば良い当たりをします。打てない選手は見るからにヒットが出ないのが分かります。運良く結果ファーボールというタイプの選手です。

「その差は何か?」

それはバットを振っているかどうか?だと思います。素振りやティーバッティングの練習を続けている選手はスイングができます。スイングができるとしっかりボールを見てバッティングができるようになります。

少年野球のバッティング向上の指導のポイントは、ボールを用意しスイングをできる環境を沢山作ってあげることです。

昨年うちのチームは6年生が2人、後は5年生でしたが、ティーバッティングをチームの練習内に、そして家に帰ってやった選手は皆バットの振りが鋭くなりました。

地区予選で県No1の剛速球投手と当りましたが、上位打線はボールを捕らえるし、下位打線はバットにあて三振はしませんでした。相手投手は悲鳴をあげていました。

プロ野球のキャンプも盛り上がって来て野球シーズン到来です。バッティングの練習方法として各自フォームのチェックポイントを2つくらい決め、とにかくティーバッティングを打ちましょう。

春の少年野球の試合で快打する光景が見れますよ。
打者のルールを1つ紹介します。少年野球では時折見かけるので選手に反則行為にならないように指導してあげます。

まず野球のルール上、バッターが片足もしくは両足をバッターボックスの外へ出して打った場合は反則行為となりアウトです。

次にスクイズの時、三塁ランナーが本塁目指して走って来るので空振りは許されず、バッターはどんなボールが来ても最悪バットに当ててファールにしなければなりません。

それだけについつい外角へウェストされたボールを打ちに行く際などにバッターボックスから足が出てしまうケースがあります。

たとえスクイズでも野球のルール上、バッターボックスから足を出してバントしたら反則行為となりアウトです。

バッターはアウトになり、同時にボールデットとなり三塁ランナーは三塁に戻されます。

少年野球の場合、選手の体が小さく、スクイズ対策で外角にはずすされた投球をバットに当てに行き、バッターボックスから出てしまう場合があります。

また、少年野球で時々目にするのが、バント処理のキャッチャーと一塁へ走るバッターがぶつるケースです。

その場合は、基本的になりゆきのままです。「守備妨害」「走塁妨害」もなかったこととしてなりゆうきのままプレーが続けられます。
少年野球バッティング講座・目指せ4番バッター4

素振りまたはティーバッティングを毎日練習させてあげてください。
バッティング上達の近道です。
絶対に少年野球の中心打者になれます。
レギュラーでない選手もレギュラーになれます。

少年野球のチームを見ていると、一般的に、
打力があるのは5番か6番あたりまでのチームが多いようです。

どの少年野球チームも打てる選手がほしいと思います。
もちろん守りの重要ですが、
ヒットを打てる選手が多いにこしたことはありません。

ティーバッティングを続けていると
3ヶ月もするとバットスイングが見るからに違ってきます。
4番バッターも見えてきます。とにかく続けてみてください。

子供に向かって、「練習しなさい!」ではなく、
一緒に練習をしてあげてください。

トスを出すことくらい誰でも出来ます。
カゴを用意しボールを20か30個入れ、
ボール出しをしてあげてください。

ティーバッティングのことをもう少し話すと、
最初に素振りをさせます。チェックポイントを確認した上で
ティーバッティングを打たせます。

20〜30球を1セットにして、
最低3セットくらいはやります。途中素振りなどを入れれば、
100スイングします。

20〜30分あれば充分にできる練習です。
時間を作ってお父さんかお母さんが付き合ってあげます。

素振りだけだとつまらなくて続かない少年野球のプレーヤー達も
ティーバッティングなら実打球を打つので楽しく続きます。

フリーバッティングやバッティングセンターは、
少しスイングがかたちになってからにしましょう。

バッティングフォームを作るのはティーバッティングに限ります。

とにかく1日100スイングしましょう。
雨の日は家の中でタオルを振って練習しましょう。

正しいフォームを心掛け、とにかくスイングです。

それが続いたとき、続けさせてあげられた時、
お父さんは「少年野球のレギュラー」を「4番バッターの座」を
子供にプレゼントしてあげられます。

うちの子も外野で下位打線で少年野球のスタートを切りましたが、
毎日練習した甲斐があって、打撃では4番を含む中心打者に成長しました。

少年野球のバッティングは、バットを振るだけ上達します。
毎日コツコツやるのがコツです。はじめは親が続けさせてあげること、
誕生日やクリスマスに買う高価な商品より、
少年野球の「レギュラー」「4番バッター」をプレゼントしてあげてください。

子供にとり一生忘れられないプレゼントになります。

少年野球バッティング講座・目指せ4番バッター3

バッティングの上達の秘訣は、バットを数多く振らせることと前回話ました。

まずはお父さんが毎日見てあげます。
朝練などで1時間早く起き、ティーバッティングをさせましょう。

お父さんがどうしても無理な場合はお母さんがやりましょう。
お母さんでもできる簡単なことです。

この練習を毎日やるか、やらないかで。
天と地ほどの差が出てきます。
頑張ってとにかく続けましょう。
バットスイングは早くなれば少年野球の試合でヒットがでるのも時間の問題です。

練習のやり方ですが、
まずはボールを用意します。
数球を打ち、その度にボールを拾っていたのでは、
チャックポイントの直せませんし、
効率も悪いので30球以上は用意してください。

そんな費用はないという方には良い方法があります。
ヤフーオークションなどを利用して中古のボールを買います。

バッティングセンターで使って中古ボールなら、
100球でも\5000位です。

投球練習や守備練習など投げる練習は公認のボールを使い、
少年野球のティーバッティング練習にはこういった中古ボールで充分です。

そして公園や学校の校庭などの網やフェンスやネットを利用し
ティーバッティングが可能な場所を探します。

人に怪我をさせたり、迷惑行為をすると
健全な少年野球になりません。

そういうことも考えて打ち込みができる安全な場所を探します。
また都会だと金属バットの打撃音が迷惑になったりします。
その時は木製のバットにするなり工夫してください。

また近くに網やフェンスがなかれば、
日曜大工で簡単なネットをつくり公園などに持っていくことも出来ます。

練習場所は工夫次第でなんとでも出来ます。
少年野球のため、お父さん頑張ってください。

ボールと場所が確保出来たら子供にボールを打たせます。
ティーバッティング用のポールがあれば、
ポールを立ててそこにボールをのせて打たせます。

無い場合は(うちもそうですが)
お父さんが手でボールをトスしてあげます。
そのトスしたボールを打つようにします。

要はトスバッティングをさせます。
トスを出す位置角度などもいろいろアレンジしてください。

一番はじめは、右打者であれば、
少年の右手斜め前の3〜5メートル離れた位置からトスを出します。

トスを出す際には、まずしっかりとボールを見せてから、
まずはゆっくりと真ん中に投げてあげましょう。

真ん中のボールをしかっりセンター方向にライナーを打つような
練習からはじめましょう!

少年野球は難しいコースの練習よりも、
ますは真ん中のイージーなボールをしっかり打てるように練習しましょう。

少年野球バッティング講座・目指せ4番バッター1

子供達はバッティング練習が好きです。
守備練習よりもバッティング練習の方が活き活きとしてきます。
来たボールを打つのは楽しいし飛べば快感です。

でも実際の試合でヒットを打つのは
少年野球のプレーヤにとりなかなか難しいものです。

なかなかヒットが打てません・・

少年野球の試合で結果を出すために、
いくつかの壁を親子で乗り越えていきましょう。

練習するなら試合でヒットあるいはホームランが打てるように
子供に指導をしてあげたいものです。

バッティングにも基本的な体の使い方があります。
少年野球の本、DVD、ビデオなどで
お父さんが基本知識を習得してください。

野球経験がない父さんはバッティングセンターに行ってみて、
バッティングの難しさを理解しましょう。
そうしないと理論ばかり言うようになり子供が混乱する可能性があります。

またメディアの解説では分かりづらいところもあると思います。
そんなときは、少年野球のチームの監督、コーチに聞きましょう。

自主性を持たせるために子供に自分で聞きに行かせることも大切ですが、
結構複雑な動きを伴いますのでお父さんもその場で聞いて、
納得の行くもの習得し子供は教えましょう。

バッティングは色々な打ち方や理論があります。
その時に子供にあうものを選択するのも重要です。

指導方法としは、その時のチャックポイントを1〜3つ決めます。
例えば、構え、ステップの位置、テイクバック、タイミング、レベルスイング、
開かないで打つ、バットの出し方・・・

バッティングは本当に沢山要素があります。
そして決めたチェックポイントを一定期間反復練習をして身に付けます。

期間というのは、上達度により異なりますが、
あくまでもチャックポイントがクリアできるまで反復練習を毎日繰り返します。

とにかくバットを正しいフォームで数多く振らせましょう!
それが少年野球でのバッティングの上達の近道ですし、指導のコツです。
少年野球の練習は土日のみのところが多いです。
平日は友達を遊んだり、他の習いごとしている子供のいるかと思います。

でも本当に野球が好きで上達がしたいのであれば、時間を作り毎日練習することが必要です。テレビを観ながらできる練習方法もあればお風呂の中でできる練習方法もあります。
いくつかブログ内で紹介します。

■タオルを使った練習方法

タオルの先を結び、それをバットとみなし素振りをします。できたら鏡の前で行ないます。必ず親が付いてみてあげます。ここがポイントです。よくある光景として、「素振りして来なさい!」と子供だけで練習させますパターンです。これですと、殆どが3日坊主で終わります。単純なことを続けることが子供には難しいからです。親子で一緒にできる練習方法を取り入れるのが上達のコツです。

できらば親が少年野球関連の書籍やDVDで野球の知識を仕入れ、フォームのチャックをしてあげることです。書籍などが分かりずらければ土日のチームの練習のときに監督やコーチにチェックポイントの聞いておくと良いかもしれません。

この練習方法であれば家の中で出来ます。お父さんが会社から帰宅した後やお母さんの空いている時間でも出来ます。

毎日フォームをチャックしながら素振りをする。そして土日に少年野球チームの練習に参加する。また新しいチャックポイントを1週間掛けて練習する。この繰り返しをすると土日しか練習しない子供と大きな差が出来ます。

タオル素振りの練習方法で友達に差を付けよう!


スポンサードリンク
注意事項
このブログは個人運営のブログです。少年野球関連ルール等に関しての内容は、野球団体等の公式ページでご確認ください。また、スパムコメントが多いため、コメントの書き込みを暫く中止いたします。
ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログランキング
My Yahoo!に追加
Add to Google
ブログランキング
  • seo